本文へスキップ

千葉市中央区・稲毛区、評判の良い進学塾、学習塾。千葉の高校受験はCKK学院! 蘇我中、小中台中、専門の塾です!

お電話でのお問い合わせはフリーコール
 
0120-359-870

評判のよい学習塾、進学塾、蘇我中、小中台中。CKK学院

news新着情報




自転車でカナダからアルゼンチンまで走った!!
  【塾長 武勇伝】



「男なら〜 旅立つ〜 時が来る♪♪♪・・・」
塾長が学生の頃、流行ったアニメ、『あしたのジョー』の主題歌だ。

「よし旅にでよう!」
大学を一年間休学する手続きをして、カナダに飛んだ。

そして、自転車とテントを買った。
目指すは、アルゼンチン!!
当時、目立ちたがり屋だった。現地新聞にも載った。
                    
→動画でも見られます!

ただのバカでしょ!?
でも、もっとバカなのは、カナダからアルゼンチンまで
何kmあるのか知らなかったの。
そんなの地図見ればすぐにわかる。でも見なかった。
距離を知るのがこわかった。



だから、出発してから毎日、毎日、朝から晩まで、
必死でペダルをこいだ。
テントも立てずに、地面に寝ることも多かった。

そして、1か月後、アメリカとメキシコの国境にたどり着いた。
 



1ヶ月でこれだけ走れるのか!
残り11ヶ月ある。なんとかなりそうだな!!

 
  チリ    ペルーパナマ

 



それから10ヶ月後、1989年2月10日
アルゼンチン最南端の地、
つまりは地球最南端の地、
フェゴ島ウスアイアに着いた。











塾長の武勇伝は続いた。         →動画でも見られます!
翌年には、サハラ砂漠を自転車で走破。
 

そして、大学卒業。就職先は佐川急便。
事務職ではなく、千葉支店に運転手として中途入社した。
3年間で1000万円の貯金を作り、退職。
バイクで世界一周へ出かけた。



自転車、バイクで長距離を走破するのに大事なことは、
体力だけじゃない!
毎日、毎日、
「限界」まで走ることだ!

毎日限界まで走り

気づいたらゴールしてた

そんなもんだ!


さて、次は、塾長鈴木くんが小学校の時のお話をしましょう。
                      
鈴木くんが、小5・6年生でお世話になったのは
大学を卒業したばかりの中村先生だった。

中村先生はスポーツ好きの男性教師
教室ではギターを弾き
休み時間、放課後にはいっしょに野球、サッカーをした

僕らのあこがれだった
 

休みの日には先生のボロアパートに
みんなで泊まりに行った。
小学校卒業後の夏休みには、先生の実家の山形まで
みんなで押しかけて行った

学園ドラマみたいでしょ!!

さて、僕らが小学校を卒業して最初の中間テスト前、
先生は僕らを呼び集めて言った
「いいか、お前たち、テストの前には
 徹夜して勉強するんだぞ!」

「え〜〜〜、寝なかったら死んじゃう!」
僕らは騒いだ。

先生はこう続けた、
「人間、1日や2日、寝なくても死にやしない」

「そうなんだ、寝なくても死なないんだ!」
先生の言葉を真に受ける、素直な鈴木くんであった。

そして最初の中間テスト。
でかいことばかり言っていたけど、鈴木くんは惨敗した。
学年で12位だった。

鈴木くんは小学校では常に上位だった。

だから学年12位は、とうてい受け入れられなかった。


次のテストで、鈴木くんは奮起した。

学年2位。


その次のテスト

学年1位。                 →動画でも見られます!


中村先生のことばを、バカ正直に聞いて
がむしゃらに勉強し続けた鈴木くんは
県立千葉高校に進学した。

でもそこで撃沈
周りの人間は頭が良すぎた
成績はいつも、底辺をさまよっていた

現役ではどこにも受からず、浪人生活突入
予備校には通わないで、宅浪をした
思えばこの宅浪期間中に、現在の
CKKメソッド「自力覚醒学習」
確立したのでした。

そして1年後、上智大学に入学!

わかりやすく言えば、CKK学院は、
塾長鈴木くんの人生が凝縮された、塾なのです!


トップページ体験授業生徒さんの声授業の進め方個別それとも集団?時間割料金蘇我中・小中台中だけなの!?ごはんが出る?送迎もある?Q&A進学実績MAP塾長ブログ
キャンペーン夏期講習

スマホ用 TOPページヘ

お気軽にお問い合わせ下さい

 フリーコール
0120-359-870
(月〜土 朝7〜夜11時)
携帯電話からは
 TEL:043-300-6771

スマートフォン版